自 然

  • chronique
  • 夏の訪れによって聞こえる音があります。
    蝉の声、虫の羽ばたき、夏鳥の囀り、蛙の声、風でこすれる草葉、風に揺れる風鈴、花火や祭りの響き…
    そして、それらの夏の音に混じって鳴り始める踏切の音も聞こえてきます。

  • chronique
  • 陸上植物が地球上に出現したのは約4億7000万年前だと言われています。
    それから過酷な地球環境の変化に対応しながら、胞子によって子孫を残すシダ植物、そして種子で子孫を残すようになり胚珠がむき出しの裸子植物と花を咲かせる被子植物とが長い進化の過程で現れてきます。

  • voyage
  • 山口県の中央部、美祢市に広がる「秋吉台」は日本最大のカルスト台地です。
    カルスト台地とは、水に溶けやすい石灰岩などが雨水や土壌水・地下水などによって溶食されることによりできた周囲の低地に比べて盛り上がった平らな土地のことを言います。

  • chronique
  • 時折、雨が降る日に森を彷徨いたくなります。

    薄暗い林道を歩いていると聞こえてくる「雨の音」、木々の葉や落ち葉の積もる地面、そして手にする傘に落ちる雨粒を聞きながら、人魂のようにふらふらと漂いながら森の奥へ奥へと導かれていきます。